園からのお知らせ

子どもの様子や園の様子をお伝えします

頑張った2学期☆(年長組)

 2学期は、楽しい行事がたくさんありました。運動会・発表会と、大きな行事を経験して、みんな一回りも二回りも大きくなったように感じています。

 10月初旬の運動会では、年長組さんらしいかっこいい姿がたくさん見られました。リレーでは、走る順番を子どもたちだけで話し合って決め、バトンの受け渡しの練習を重ねました。チーム内で練習をしたり、励まし合ったりしていく中で、団結力も自然とできていきました。そして、本番の組体操では、日々の練習の成果や団結力が、すばらしい形で表現できました。今までで一番の『一本橋』が成功し、お客さんから大きな拍手をもらいました。良い緊張感の中で、子どもたち一人ひとりが自信を持って演技をしているのが見ていて伝わり、本当に頼もしかったです。

 11月末の発表会では、劇・遊戯・鍵盤ハーモニカを頑張りました。動きや台詞をたくさん覚え、本番は堂々とステージに立って発表することができました。練習では、緊張から、ステージ上で声や動きが小さくなってしまうこともありましたが、少しずつ自信を付けて、ステージに立つことができるようになっていきました。鍵盤ハーモニカは、「練習してくる!」 と家に持ち帰るなど、自主的に練習をする子が多く、どんどん上達していきました。「弾けるようになりたいから、練習する!」と意欲的に取り組む姿勢に成長を感じました。それぞれの練習の成果を十分に発揮した、すてきな発表会となりました。

 冬も本格的になってきた今、外遊びでは、ドッジボール・けいどろ・なわとび・うんてい等の遊びが流行っています。友だちを誘い合って、自分たちでルールを決めて遊ぶ姿もまた頼もしく、時にはけんかをしながらも、毎日めいっぱい楽しくのびのびと遊んでいます。

 各クラスでのお当番さん・グループでの活動も、友だちと協力しながら頑張っています。困ったときは、相談し合って解決できることが増え、『考える力』や『伝える力』が付いてきています。

 就学時健診で小学校に行ったり、ランドセルを購入してもらったりしていく中で、子どもたちの中に、小学生になる意識が少しずつ芽生えてきているようです。冬休みが明けると、いよいよ3学期。3学期もまだまだ楽しいことがいっぱいあります。卒園まで素敵な思い出を作りながら、少しずつ小学生になる準備をしていきたいと思います。