楽しかった1学期(年長組)

 4月、ずっと憧れていた年長組になりました。ドキドキ・ワクワクした表情の中で、年少組さんの手をひき、お世話をする姿や表情はどこか誇らしげでした。
 年長組になって、初めての大きな行事、『仲良し会』では、年少組と、年中組さんに歌や言葉・手作りのプレゼントを用意したり、司会進行をしたりしました。♪わたしたちはせんぱいですが・・・という歌詞が含まれた歌、『きみたちきょうからともだちだ』をうたう姿はとてもかっこよかったです。
 1学期の間、一人ひとり個人の鉢で、『あさがお』を育てました。5月に種を植え、毎日水やりをしました。芽が出た時、つぼみができた時、花が咲いた時・・・あさがおの成長に気づく度、目を輝かせ、「せんせー!」と、お話をしてくれました。
 年長組ならではの楽しみの一つ、『鍵盤ハーモニカ』を初めて手にした時は、どの子もとても嬉しそうな表情でした。朝、登園してすぐに「鍵盤ハーモニカしてもいいですか!?」と、毎日練習をしている子もいました。これからの発表会や小学校に向けて、少しずつ音遊びや練習に取り組んでいます☆2学期も頑張っていきたいと思います!
 園外保育では、交通ランドに行きました。交通ランドの方に、横断歩道の渡り方・信号や踏切のことなど、交通マナーをたくさん教わりました。最後に楽しみにしていたゴーカートに乗り、みんな大満足でした!!
 体操教室では、鉄棒や跳び箱をしました。難しくて出来なくても、「頑張るぞ!」と、挑戦する気持ちが大きくなりました。1学期後半からは、運動会の種目でもある、組体操の練習が始まり、一生懸命取り組みました。
 そして終業式の後、まちにまったお泊まり保育がありました。今年のテーマは『のぞみたんていだん』!探偵に変身し、グループで協力しながら謎解きにチャレンジし、宝を見つけていきました。69人全員で食べた夕食のカレーはとってもとっても美味しかったです。役員のお母さん方の愛情がいっぱい込められた、最高の味でした☆夜の、『キャンプファイヤー』と『花火大会』では、火の大切さ・使い方を知りました。間近で見る大きな炎は迫力があり、驚きや興奮をかくしきれない子どもたちでした。遊戯室で寝るときは、お家の人を思い出し、寂しくなってしまう時もありましたが、みんなでぐっすり眠ることが出来ました。2日間を通して経験したことは、子どもたちにとって、きっと素敵な思い出になり、これからの糧になることと思います。最初はお家の人と離れて不安な子もいましたが、終わった後には「楽しかった~!!」と、嬉しい声が聞こえてきました。みんな少し大きく、たくましくなった気がします・・・☆
 1学期を終え、ぐ~んと成長した年長組さん。素敵な夏休みを過ごしてくださいね。2学期に会えるのを楽しみにしています!!!