楽しかった1学期(年少組)

ドキドキ!ワクワク!しながら、初めての幼稚園生活がスタートしました。

入園当初は、お家の人と離れる寂しさから涙が出た子もいましたが、だんだんと幼稚園の生活に慣れ、園で遊ぶ楽しさや先生や友だちと過ごす喜びを感じながら笑顔が増えてきました。友だちとの関わりも次第に広がり、いろいろな場所で「〇〇ちゃん一緒に遊ぼう!」「〇〇くん一緒にお弁当食べよう!」など誘い合う声が聞こえてくるようになりました。

製作活動では、クレヨンやマーカー、のり、はさみを使い、季節に合ったいろいろな製作に取り組みました。回数を重ねるごとに使い方や約束事を覚えて楽しく取り組み、材料や道具の扱いもとても上手になりました。「先生!お絵かきをしてもいいですか?」「先生!はさみを出してください!」と、朝や帰りの自由時間で、自分のお道具箱からクレヨンやマーカーを出してお絵かきをしたり、はさみで広告を切ったりと自分から進んで楽しむ姿も見られるようになりました。

身の周りのことでは、朝の準備やお弁当の用意、トイレなどの一人では難しかったことも、頑張って出来るようになりました。友だちに教えられたり、励ましてもらったりしながら、「出来た!」という喜びを重ねるごとに、自分の力でやろうという気持ちが生まれてきたようです。また、困っている友だちがいると近くに行き、「どうしたの?」と声をかけたり、手を貸してあげたりする素敵な姿も見られ、とても嬉しい気持ちになりました。

専属講師の長谷川先生と楽しんだリトミックでは、長谷川先生のピアノの音を聴きながら思い切り全身を動かしました。想像力豊かにリズムに合わせてみんなで歩いたり、ジャンプしたり、フープを持って踊ったり、伸び伸びと楽しい時間を過ごすことができました。

2学期には、運動会や発表会などの大きな行事があります。友だちと一緒に行う楽しさや嬉しさを味わう姿、友だちと力を合わせてさらに成長していく姿を心から楽しみにしています☆