のぞみ日記

のぞみ幼稚園のスタッフの日記
のぞみっこの毎日のようすをご紹介

避難訓練がありました☆

今日は、避難訓練がありました。
お集まりをしている時に、職員室のコンロから火が出て火事になった設定です。
「火事だ~火事です~」と大きな声とともに、非常ベルの音が響き渡りました。
その後、放送で、火事の場所、避難する方法を園長先生からお話があり、急いで避難しました。

年少組さんは、泣いてしまう子もいましたが、先生と一緒に、ちゃんと第一避難場所の園庭にでることが出来ました。

年中さんも次々に口を押さえて出てきます。さすが、落ち着いています。

年長組さんは、2階から、避難用すべり台を滑っておりてきます。 

担任の先生が、点呼をしてクラスの人数を園長先生に伝えます。
全員第一避難が終わりました。

園長先生から、第二避難のお話がありました。
もっと、安全な所へ逃げます。

「年長うめ組から避難してください。」

第二避難は、非常口を通って、のぞみの丘に向かいます。

階段を上り、のぞみの丘に到着です。

園長先生からお話がありました。
「みなさん、無事に避難出来て本当に良かったです。安全に避難して自分の命を守るために大切な事があります。それは、『先生の話や放送をしっかりと聞くことです。話をを聞いていないと、どこで火事が起こっているのか、どこに逃げればいいのか全然分からないからです。」

「もう一つ、火事で怖いのは、煙です。煙を吸わないように、手をマスクにしたり、ハンカチや洋服の袖を口に当てて姿勢を低くして避難しましょう。今日はよく頑張りました。」

 幼稚園に帰ってきました。
裸足で外に出たので、足をきれいに洗ってお部屋に入ります。

 足拭き雑巾で足を拭いています。
とっても上手に拭くことが出来ています☆すごいです。

遊戯室では、避難する大切な言葉『お・は・し・も』の劇を観て勉強をしました。

先生たちの劇を観て勉強します。
「『お』は、おさない!」
「『は』は、はしらない!」
「『し』は、しゃべらない!」
「『も』は、もどらない!」 

火事だけでなく、地震が起きた時のお話もありました。
地震が起きたら、『ダンゴムシポーズ』をして、頭を守ります。

机などかくれるところがあれば、地震が止まるまで 下に隠れてくださいね。これもしっかり覚えておいてくださいね☆

部屋に帰って、クラスで復習をして、実際に机の下にダンゴムシポーズで練習をしているクラスもありました。 

火事や地震、台風などの災害は、いつ起こるかわかりません。避難の方法やお約束を忘れないようにしたいと思います。