のぞみ日記

のぞみ幼稚園のスタッフの日記
のぞみっこの毎日のようすをご紹介

鑑賞会『ゆうさんの紙芝居パフォーマンス』がありました☆

今回来てくださったのは、ゆうさん、ひろちゃん、きみちゃんの3人でした☆
まずは、ゆうさんがオープニングマジックを披露してくれました。
牛乳を入れたはずの紙コップの牛乳が鳩になったり、みんなの元気を計るカバンを見せてくれたりしました☆
最後にはみんなの元気が良すぎて、カバンが壊れてしまいました。


子どもたちは、キャーとびっくりした表情で見ていました。
パントマイムでは、見えないはずの壁やロープが・・・!!
子どもたちの表情から、びっくりした様子が伝わってきますね☆


次は紙芝居です☆
音楽や音に合わせてお話が進んでいき、子どもたちも楽しそうな表情で見ていました♪


つづいても、マジックです☆
年長組の男の子が呼ばれ、コップに入れたはずの水がなくなるという、マジックを一緒にしました。
衣装も変えて、とっても緊張した様子でしたが、上手にマジックを見せてくれました☆


机が空中に浮いたり、シャボン玉を触っても割れなかったり・・・と、


子どもたちの口からは「なんで!?なんで!?」と驚きが隠せない様子でした。
そして、きれいな水でないときれいなシャボン玉が作れないということ・水を大切に使おうということを教えてもらいました。


最後は、みんなで「アブラハムの子」を歌って、踊って、とっても楽しい会になりました☆ 

そして、ゆうさんが大切にされているという言葉を聞きました。
それは、「ありがとう」です。
友だち・先生・お父さん・お母さん・・・
形には残らないけど、心に残る素敵な言葉だということを聞きました。
最後に、ゆうさん・ひろちゃん・きみちゃんに素敵な会にしてくれたことに、
「ありがとう」と挨拶をして、終わりになりました。

お家でもお話を聞いてみてくださいね☆