のぞみ日記

のぞみ幼稚園のスタッフの日記
のぞみっこの毎日のようすをご紹介

『お餅つき』がありました☆

今日は、『お餅つき』がありました。
この日まで、幼稚園では絵本を見たり、お歌を歌ったりして心待ちにしていました☆
朝から、子どもたちは「お餅つきだー!」と嬉しそうで、「頑張るぞ!」と気合いも入っていましたよ。
そんな可愛い、のぞみっこの様子をお伝えしますね♪

今日は、小学生のお兄ちゃん・お姉ちゃんもお手伝いに来てくれました☆
「お名前どうぞ。」
「〇〇〇です。」 
「よろしくお願いします!」

いよいよ『お餅つき』のはじまりです!
年少さんにとっては、初めての『お餅つき』でした。
もち米を蒸し器で蒸して、臼にうつし、杵でついていきます。
「よいしょ!よいしょ!」の掛け声で、お父さんにパワーを送ります☆
「だんだんお餅になってきたね~!」
もち米から、お餅になる様子を夢中になって見ていました。

杵と臼だけでなく、台唐(だいがら)でつくところも見ましたよ。
台唐(だいがら)は昔、お餅つきをするときに使用されていた道具です。
「すごいね~!」
ダイナミックな動きに子どもたちは、釘づけでした!!
年長さんは、法被を着て、参加しました☆

出来上がったお餅は、みんなで丸めます!

「やわらかいね~」「もちもちしてるね~」「のびるよ~」
お餅の感触を楽しみながら丸めていきました☆

そして、『きな粉』か『砂糖醤油』の好きな味を選んで、役員さんに味付けをしてもらいました!

自分たちでついたり、丸めたりしたお餅は、一段と美味しいね♪
「おかわりしよ~」とおかわりしたお友達もいました!
美味しいお餅を、お腹いっぱい食べられて嬉しかったね☆

今日は、役員さんをはじめ、お手伝いに来てくださった保護者の方々、ありがとうございました。
早くから、準備等して頂き、感謝でいっぱいです。
子どもたちも、私たちも、とっても楽しい『お餅つき』になりました☆