のぞみ日記

のぞみ幼稚園のスタッフの日記
のぞみっこの毎日のようすをご紹介

☆たなばたまつりがありました。☆

今日は、待ちに待った『たなばたまつり』です。
大きな笹を遊戯室に飾り、一人一人飾りつけをしました。
先生が、学年ごとに作った笹飾りを紹介してくれました。「ぼく、それ作ったよー。」
お星さま、提灯、吹き流し、わつなぎ、短冊、それぞれの笹飾りに込められた願いについての話を聞きました。

 全園児、星のお面を被り、かわいく変身しています。この日のために一人一人自分のお星さまを仕上げました。
「夏野菜をお供えして、野菜がたくさんできますように・・・ってお願いするために飾っているんですよ!」とお話をしていると子どもたちは、真剣に目をキラキラさせながら聞いています。

 先生たちによる『七夕』の劇です。
織り姫様と彦星様が出会うシーンと、仲良くなるところは、子どもたちもワクワクして「きゃ~」と声が出ていました。神様に引き離されたときは、悲しそうな顔になっていました。

カササギさんが、橋を作ってくれて、一年に一度会うことが出来ました。劇の終わりにはみんなで『たなばたさま』を歌いました。
優しいピアノの伴奏と一緒に可愛い優しい声が、お星さまに届いたことでしょう☆ 

 担任の先生が、お星さまの形のお菓子『こんぺいとう』を口の中に入れてくれました。
お願い事を心の中で言いながら食べました。どんなお願いをしたのかな??
そっと聞いてみると・・・「ぼくは、スパイダーマンになりたい!!だよ!」と、耳元で教えてくれました。

子どもたちの口の中に、『こんぺいとう』を入れている先生の背中を観ていると・・・
一人一人の子どもたちの願いが叶うように、そして、みんなが元気に大きくなってね!と言葉を添えてお願いをしているようでした。

 おりひめ様とひこぼし様が、お弁当箱の中で笑っています。
今日の夜、こんな風に一年分のお話をするのかな?
星がたくさん見えそうです。お家でもご家族みんなで、 星空を眺め、素敵な七夕をしてくださいね☆