のぞみ日記

のぞみ幼稚園のスタッフの日記
のぞみっこの毎日のようすをご紹介

『お餅つき』がありました☆

今日は、『お餅つき』がありました。
朝からみんな楽しみにしていました☆
年少組は、初めての『お餅つき』です!
もち米を蒸し器で蒸して、臼にうつし、杵でついていきます。
「よいしょー!よいしょー!」
お餅をついているお父さんを、応援する元気な声が聞こえてきました☆
「だんだんお餅になってきたね~!」
もち米から、お餅になる様子を夢中になって見ていました。

 杵と臼だけでなく、台唐(だいがら)でつくところも見ました。
台唐(だいがら)は昔、お餅つきをするときに使用されていた道具です。
とてもダイナミックな動きに子どもたちも驚いていました☆

 出来上がったお餅は、自分たちで丸めます。
「やわらかいね♪」
「もちもちしてる!」
びよーんと伸びるお餅の感触に、子どもたちは楽しそうです☆

 そして、『きな粉』や『砂糖醤油』をつけて、いただきます。
自分たちで丸めたお餅、とっても美味しいね☆

 年長組は、一人ずつお餅をつきます☆
法被姿がよく似合って、かっこよかったです!
「ぺったんこ!ぺったんこ!」
自分たちで考えた、オリジナルのダンスを踊ってしまうほど楽しんでいました☆

役員さん、そしてお手伝いに来てくださった保護者の方々、とても楽しい『お餅つき』になりました☆
ありがとうございました。