のぞみ日記

のぞみ幼稚園のスタッフの日記
のぞみっこの毎日のようすをご紹介

豆まきをして鬼退治をしました☆

今日は、2月3日節分の日です。
のぞみ幼稚園では、みんなで豆まきをしました。 

朝からの様子を、お伝えしますね☆

登園してくると、子どもたちは、鬼の嫌いな『やいかがし』と窓に貼ってある『手紙』を見つけました。
「せんせい!なんかあるよ~」
「おにのきらいな『やいかがし』だって・・」
「わぁ~、さかなのあたまがついてるよ~」 

「わるいこは、いないか~ってかいてあるよ 」
「わぁ~わるいこいる?」と子どもたちに聞くと「いないよ!」と即答。

 一文字一文字、ゆっくり読む子どもたち。
何が起こるのかな~と、ちょっぴり不安。。。

 『せつぶん』の会が始まりました。
各学年、オリジナルのお面を被り、遊戯室に集まりました。

 初めに、節分の由来や恵方巻、やいかがしの事など、みんなで話を聞きお勉強しました。
難しい言葉も出てきたけど、みんな真剣に耳を傾けていて、真剣な表情が印象的でした。

 みんなの『心の中にいる鬼』についても触れ、こんな時はどうしたらいいかな~と、園である色々な事例を出して、みんなで考える時間も持ちました。

 そしてカワイイ先生鬼の登場です!!!
『鬼のパンツ』を楽しく踊って歌いました♪

 一生懸命、先生鬼を見ながら踊る年少さん☆
カワイイですね!

楽しい時間を過ごしていたその時…。
ドンドンドンドン!!!激しく遊戯室のドアが揺れ、一瞬にして遊戯室の空気が変わりました!
子どもたちも、どどーっと、壁際に一瞬にして後ずさり....。

先生から離れられないお友だちや、びっくりして動きが止まったお友だちなど反応は様々で、涙が出たお友だちもたくさんいました。

 追う青鬼さん。
逃げる子どもたち。

 そんな中、「おには~そと!!!」と、一生懸命に豆を投げて、退治する姿もありました。
「助けて~。」と鬼が退散した後の、子どもたちのホッとした表情が何とも可愛らしく、愛らしかったです☆

 お部屋に戻り、歳の数+1の豆を食べました。
手をお皿にして順番を待つ子どもたち。
小さいから落とさないでね~。

 お友だちと豆の数を数え合う様子。
大切に大切に見ているカワイイ子どもたちでした。

今日一日、子どもたちの心の中には、どんな想いが残ったでしょうか?
楽しかったかな?怖かったかな?
お家で、たくさんお話してみてください。
そして、今日の「節分」を楽しんでくださいね。